家を建てよう

It plans to build a house

未分類

都会での家づくり。一番の解決方法は?

2017/10/18

まだ少し先の話になると思うが、我が家は、次に住む家を探している。それは、どうしても都内に引っ越さなければならなくなるからです。

 

今は、東京から遠い地方に住んでいる私達家族ですが、主人の単身赴任が8年を超え、そろそろ家族一緒に暮らそうという思いで、やっと意見が一致したのがきっかけです。

 

初めて東京に転勤が決まった時、どう考えても子供の学校の関係上、一緒に東京に行くことはできませんでした。もちろん子供も引っ越しすることは当然イヤだと言ったのもあります。

 

それにまだ、当時若かった主人は、体力的にも、週末にこちらに帰って、月曜日から東京で会社に行くという生活もあまり大変だとは思わなかったようです。

 

ですが、やはり体力的な問題もあり、単身赴任を続けることで生じる経済的問題は、だんだんと我が家にとって大きな問題になっていったのです。

 

そして、やっと家族が全員納得して東京に引っ越すことに決めたのでした。

 

当たり前ですが、単身赴任なので、東京にも主人が住むマンションがあります。

 

長い休みの時には、そちらに行って、テレビなどで有名になっているお店や観光をしながら過ごす事もできます。その中で、時間のある時にネットで見つけた物件や土地を見に行くのも、もう一つの楽しみとなりました。

 

さすが都会。すごいです。これは、不動産の価格の事。

 

とにかく私たちが住んでいる街では考えられないような価格が当たり前の都会。こんなにも違うものなのかと驚くばかりですが、意外なこともありました。

 

それは、戸建てよりもマンションの方が価格的に高いという事。

 

その中には当然、管理費や修繕費が含まれないわけですから、さらに価格は上がります。そうなると、当然戸建てに目が行きます。

 

そして我が家は、都会で家づくりをすることになりました。

 

不動産を選ぶ時に、いろいろな形式で取引されているのですが、だいたい、土地を購入して一から建てる。これは憧れの注文住宅を選ぶことも可能です。

 

更に、まだ土地の時点で売りに出し、その条件としていくつかある建築業者さんからお願いして建てる場合。

 

この時リストアップされている業者さんの中にも、注文住宅を扱っている会社があるので、そこにすると、より理想に近い建物がつくれます。

 

そして、最後に建売住宅。これは出来上がっている物件を探すだけです。

 

しかし、気になるのはやはり注文住宅ゆえの価格のこと。これは、良い点なのか悪い点なのかはわからないのですが、普通の家を求めるとしたのなら、都会ゆえにかなり手狭になってしまうため、床面積も当然少ない。

 

となると、一般的な建物とそれ程変わらなくなります。ですから、キッチンや水回りにこだわらないなら、それほど敷居の高いものではないようです。

 

注文住宅の良さを最大限に引き出せるとしたら、もしかしたら都会が一番かもしれません。なぜなら、それでなくても狭い土地に、無理をして3階建てにしたとしても、やはり狭さを克服するのはとても難しい。

 

なので、その家づくりのエキスパートが設計してくれる注文住宅には、狭さをいかに感じさせないかという配慮が十分あるからです。

 

ほんの少しの吹き抜けがあるだけ、ロフトがある、そんなちょっとのことで快適さはだいぶ変わります。注文住宅というだけで、無理と諦めてしまう前にとにかく見積もりをもらってみてはいかがでしょうか。

 

akinoriharuyuu

-未分類