家を建てよう

It plans to build a house

未分類

ローコスト注文住宅を建てることになりました

2017/10/18

 

「家を買おう!」主人がそう言い出したのは1ヶ月前でした。

 

職場で、転勤によって地方にいる間に、年齢や体調を理由に住宅ローンが厳しくなってしまい、持ち家を持てなかった先輩たちの話を聞き、急に危機感を持ったそうです。

 

主人は36歳。たしかに、35年ローンを組むならギリギリかちょっとアウトくらいの年齢です。

 

そんなわけで、まず建売住宅をインターネットで検索し、予約をして見に行くところから始めました。

 

家族は夫婦と子供2人なので、一般的な2階建て建売住宅によくある、30坪ほどのお家で充分です。

 

ところが、ポスティングされていたチラシで見た、注文住宅のモデルハウスを興味本位で見に行き話を聞いてみたら、我が家でも注文住宅が建てられることが判明!!

 

私の固定概念で、注文住宅はお金持ちか土地持ちが、建てるものだと思っていました。

 

大手のハウスメーカーではないものの、私たちでも人生におそらく一度きりの家づくりができるかもしれない!

 

ハウスメーカーの担当さんは、実際にかかる費用をすべて一覧にして、一つ一つ説明してくださいました。

 

そして、土地の選び方によっては、今の家賃よりも月々の支払いを安くして、30坪4LDKの注文住宅が建てられることが判明したのです。

 

さて、私たちが家作りの際に採用したいアイディアは以下の通り!

 

1 採光たっぷり
南側から燦々と陽の光が入る家が理想。しかし、土地の形や向きによって難しい場合は、天窓や吹き抜けを設け、採光を確保したい。ただし、冷暖房効率が極端に悪くなる仕様はNG。

 

2 スタディコーナー
リビングにデスクコーナーを儲け、子供の宿題&主人の仕事スペースとする。キッチンから目の届く位置で、2、3人並べる幅を確保。

 

3 脱衣室収納
洗面脱衣室に、収納を確保する。下着やタオルなどを仕舞うスペース。

引用:https://www.instagram.com/

 

4 掃除機収納
1階のどこかに、掃除用具などが入る収納を確保。毎日使うので、使いやすさ重視。階段下や廊下を利用。

引用:https://www.instagram.com/

 

5 ダウンライトがついた折り上げ天井
建売の内覧で夫婦ともに一目惚れ。リビングの天井にぜひとも採用したい!

 

現状ぱっと思い浮かぶのはこんなところです。まだまだいろんなアイディアを出して、家族だけの小さなお城を作り上げたいと思います。

 

h61555

-未分類
-, ,